” 月は丸いんですね “

先日観た夢。

詳しい内容は覚えていないのですが、
起きる寸前に話していた内容が印象的で
起きてからも、暫く頭の中に残っていました。

 
月は丸いんですね。

そうだね~(知らない人)

本当は丸いのに
いつのまにか欠けてる
と思い込んでいたんだな~

 
地球で見るよりも 大きな月を見ながら、そんな話をしていました。

普段、何気なく見上げる夜空の月は
太陽と地球と月の位置関係によって
満ち欠けがあるような姿で見えます。

けれど、もう少し大きな視点で見ていくと、
月自体はいつも同じ形。

私たちの世界は、そのように錯覚を
実態として捉えている部分もあるのかもしれませんね。

 
 

大人になればなるほど、潜在的に根付いている価値観などに
「はっ!!!」と、気が付かされることがあります。

そのようなフィルターに気が付くたびに
取るように意識はしているものの、
まだ、無意識の領域で残っているものも多くあるようです。

かといって、

それを無理に探し出すというよりは、
必要な時に(目の前に現れる人や出来事などによって)
そのフィルターが浮き出て見えてくる感じなのかな… と^^

 

上記の月の夢は、
月という天体や象徴の話をしているのではなくて

私たちが、当たり前のように思っていることに対して
(そうだと思い込んで疑いもしないことに対し)

本当にそうなの??

という視点を見せてくれたのかもしれません。

 
 
 

そういえば、以前、持っている本に
このような話が書かれていました。



古代ギリシャの哲学者:ディオゲネスのお話

彼は、権力や名声や快楽などに興味をしめすことなく
服装などもこだわらず、言動も奇抜だったゆえに
変わり者 と見られていたのだそうです。

そんな 彼の逸話のひとつ に、こんな話があります。

日中にランプを灯して歩き回った。人から「何をしているのだ」と聞かれ、「人間を探しているのだ」と答えた。Wikipediaより

 
 
私たちが疑いもしない人間の世界。

人の形をしていれば、それは人間だと認識します。
それが当たり前で、疑いを持つことすらありません。

それぐらい無意識に根付いているもの。

  
一方で、彼は『本当にそうなのか?』と、
自らの目で見極めていたのかもしれません。

それは外見ではなく、中身=本質の部分なのでしょうか?

 

その辺りのことは、
ご本人にしかわからないことですが、
とても印象に残ったお話でした^^
 



星は空にみえるもの? 自分で作り出すもの(希望・目標)? 宇宙の一部?

 
本日もお付き合いくださり、誠にありがとうございました。